ホーム > 技術情報 > PC建築 > PC建築の用途 > 倉庫物流施設

PC建築トップへ

PC建築の用途

倉庫物流施設

大荷重・大スパン・高階高を特徴とする倉庫・物流施設。まさにPCaPC工法の特徴が発揮できる建物です。PCaPC工法は地震における復元性に富み、損傷部位も限定され、建物の耐久性を向上できる工法です。また、免震構造との組み合わせでさらなる付加価値が発揮されます。

用途事例 『岩槻物流センター』

出典 平成27年 第23回PC建築技術講習会資料より


    建物全景

    建物全景

    PCaPC部材使用範囲(軸組図)

    PCaPC部材使用範囲(軸組図)

    多様な物流へのニーズに応え、大容量を確保する大スパンを可能とし、また、災害時においては安定的な物資を供給する建物として機能を損なうことが無いように免震機能を併せ持つPCaPC工法が採用された物流倉庫である。

    工事状況

    工事状況

▲ページトップへ