ホーム > 技術情報 > 橋梁の新技術・新工法 > 床版 > RC床版連結方式連続桁橋(リンクスラブ)

橋梁の新技術・新工法 床版

RC床版連結方式連続桁橋(リンクスラブ)

概 要

 リンクスラブ構造は、プレキャスト単純桁を中間支点部の床版だけで連結する連続構造です。従来の連続桁構造は、主桁架設完了後に中間支点部の支承・横桁を場所打ちして鉄筋コンクリート構造で連結構造となっていますが、この連結する部分を床版だけで連結させることで、従来工法と比べ省力化が図れる構造です。
 国内の事例は、都市高速道路でのノージョイント化工事の補修事例のみでしたが、近年、新設工事への適用も報告されています。以下に海外の新設橋への適用事例を紹介します。

■海外事例1:トルコ高速道路橋

  • 横断面図
  • 側面図

■海外事例2:バンコク高速道路橋

  • 横断面図
  • 側面図
  • 側面図

▲ページトップへ