ホーム > 技術情報 > 橋梁の新技術・新工法 > 吊り床版橋 > 自碇式吊床版橋

橋梁の新技術・新工法 吊り床版橋

自碇式吊床版橋

概 要

概要イメージ

 自碇式吊床版橋は、吊床版を主桁に定着し、吊床版から作用する水平力を主桁に負担させ、完成系においてグランドアンカーを不要とした構造です。

概要イメージ

特 徴

○広い適用範囲 自重が軽く、完成系においてグランドアンカーに頼らない構造であるため、地盤条件がそれほど良好でない架橋地点にも適用できます。
○急速施工 床版の架設はあらかじめ張り渡したケーブルを利用して行えるため、大規模な架設機械も不要です。また、プレキャスト床版を用いるので急速施工が可能です。
○施工性 支保工を必要としないため、施工条件の悪い渓谷などでも比較的容易に建設が可能です。
○シンプルな構造 構造形式が単純であり、力学的にも明快です。
○高い剛性 全体剛性が高く、道路橋にも適用が可能です。

適用事例

適用事例イメージ
適用事例イメージ

▲ページトップへ