ホーム > 技術情報 > 橋梁の新技術・新工法 > プレキャスト化 > Uコンポ橋

橋梁の新技術・新工法 プレキャスト化

Uコンポ橋

概 要

概要イメージ

ポストテンション方式Uコンポ橋は、主桁断面形状をU形とした工場製作によるプレキャストセグメント桁と床版部にプレキャストPC板を採用した合成床版構造の橋梁です。
 工場製作による高品質なプレキャスト部材に加え、内外併用のPCケーブル配置によりPC連続構造に対応できるとともに施工の省力化、コスト縮減に配慮された橋梁形式となっています。また、適用スパンは40m~60mであり、従来のプレキャスト桁と比べ長支間化に対応しています。

概要イメージ

特 徴

○長支間化 高強度コンクリートの採用による断面のスリム化、および主桁断面をU形としたことで架設時の安定性が向上し、適用支間が拡大できます。
○耐久性の向上 床版にPC板を使用したPC合成床版構造としたことにより、耐久性が飛躍的に向上します。
○低コスト化 主桁セグメントおよびトラッククレーンを現場に搬入が可能で、桁下空間にベントの組立が可能な橋梁でコスト縮減が図れます。
耐久性の向上によりライフサイクルコストが低減できます。
○工期短縮 主桁はプレキャストセグメント工法を基本とし、床版にもプレキャストPC板を用いるため、現場作業が減少し、工期の短縮が図れます。
○環境の保全 プレキャスト部材の採用により現場作業量が減少し、騒音・振動などの発生が少なくなります。

適用事例

  • 適用事例
  • 適用事例
  • 適用事例
  • 適用事例

▲ページトップへ