ホーム > 技術情報 > 橋梁の新技術・新工法 > プレキャスト化 > プレテンション・プレキャストウエブ橋

橋梁の新技術・新工法 プレキャスト化

プレテンション・プレキャストウエブ橋

概 要

概要イメージ

 プレテンション・プレキャストウェブ橋とは、橋の断面が箱の形をした橋梁で、箱の上面を支える柱の部分(ウェブ)がプレキャスト化された(プレテンションウェブ)橋梁です。
 特徴として、ウェブをプレキャスト化することにより、高強度コンクリート採用による高耐久性・軽量化や、工場製作の二次製品化による高品質化を図れるとともに、現場作業の省力化が期待できます。
 架設方法としては、固定支保工、張出架設工法などがあります。

特 徴

○軽量化 プレテンション・プレキャストウェブを使用することで、高いせん断抵抗性が確保され、ウェブ厚さを薄くできることにより主桁自重の軽減が図れます。
○低コスト化 主桁自重の軽減により、架設機材や下部構造の規模縮小につながり、橋梁建設全体での低コスト化が期待できます。
○耐久性の向上 ウェブを品質管理の行き届いた工場で製作することにより、高品質化が期待でき、耐久性向上が図れます。
○施工の省力化 ウェブを施工するための型枠作業やコンクリート打設が不要となり、またウェブに鉛直鋼材を配置しているポストテンション方式に比べ、グラウト作業が不要となるため大幅な現場施工の省力化が図れます。

適用事例

  • 適用事例
  • 適用事例

▲ページトップへ