ホーム > 技術情報 > 橋梁の新技術・新工法 > 複合橋・混合桁橋 > 混合桁橋

橋梁の新技術・新工法 複合橋・混合桁橋

混合桁橋

概 要

概要イメージ

 混合桁橋とは、鋼桁部とコンクリート桁を部材軸方向に直接結合した構造です。近年、力学特性や経済性の向上を図った混合桁橋が増えています。

特 徴

○上部工自重の
 軽減
比較的長支間の橋梁形式では、短支間をコンクリート桁とし、長支間を鋼桁とすることで長支間部の上部工重量を低減できます。
○桁下空間の確保 一般部をコンクリート桁とし、跨線部や跨道部を鋼桁とすることで交差部の桁下空間を確保できます。
○架設時間の短縮 跨線橋や跨道橋の場合、交差部を鋼桁とすることで、交差条件に制約を受ける架設時間を短縮することができます。
○連続化 コンクリート桁と鋼桁を連続化することで、走行性・耐震性・維持管理性が向上します。

適用事例

  • 適用事例
  • 適用事例
  • 適用事例
  • 適用事例

▲ページトップへ