ホーム > 技術情報 > 橋梁の新技術・新工法 > 偏心ケーブル構造 > フィンバック橋

橋梁の新技術・新工法 プレキャスト化

フィンバック橋

概 要

概要イメージ

 PCフィンバック橋は、箱桁上に設けた翼壁にPC鋼材を配置した構造です。橋桁に作用する断面力に対して、翼壁内にPC鋼材を配置し偏心を大きくできるため、合理的な配置構造となり、桁の高さを抑えることができます。

概要 主桁側面 イメージ 概要 主桁断面 イメージ

特 徴

○桁高の抑制 PC鋼材の偏心を大きくできるため、桁の高さを抑えることができます。
○長支間化 適用支間長が50m~80mと通常の桁橋に比べて長支間化が図れます。

適用事例

  • 適用事例
  • 適用事例

▲ページトップへ