ホーム > 技術情報 > 補修・補強技術 > PC構造物の維持保全 > 予防保全対策

補修・補強技術 PC構造物の維持保全

予防保全対策

 予防保全を前提とした維持保全を行う場合は,劣化の前兆を捉え,劣化が生じる前に対策を講じる必要があります。 それには予想される劣化の推定が重要であり, 計画の段階において劣化の前兆を捉えるための点検・調査方法あるいは評価・判定方法について十分に検討しなくてはいけません。

予防保全対策

▲ページトップへ

PC構造物の維持保全ページへ戻る