ホーム > 技術情報 > 補修・補強技術 > 補強技術 > 下面増厚工法

補修・補強技術 補強技術

下面増厚工法

(1)橋梁概要

1.構造形式 ポストテンション方式PC単純T桁橋
2.橋 長 109.4m(3径間)
3.支間長 35.6m
4.幅 員 9.3m
5.竣工年次 昭和44年(1969年)
6.適用示方書 不明
7.対策年次 平成16年(2004年)

(2)損傷概要

1.環境条件
 本橋梁は,地方の都市部に架橋されている橋梁であり,橋下には河川が交差している。
2.外観変状
 大きな損傷は見られなかったが,竣工後35年程度経過しており,床版および桁端に軽微な損傷が確認された。また,地方の幹線道路であるため交通量はかなり多い。

(3)対策工

 現橋は二等橋(TL-14)で設計されており,地方の幹線道路で交通量も多いため,B活荷重対応の補強工事を実施した。主桁の曲げに対しては外ケーブル工法,床版に対しては下面増厚工法による補強を実施した。

(2)-着工前状況
(2)-着工前状況
(3)-補強筋配置状況
(3)-補強筋配置状況
(3)-補強後の状況
(3)-補強後の状況

▲ページトップへ

補強技術ページへ