ホーム > 一般向け情報 > 作品集 > 橋梁 > U桁リフティング架設工法

作品集 橋梁

 年度:  架設工法:
 発注者名:
 工事件名検索: 

U桁リフティング架設工法

圏央道 関口北高架橋 1 圏央道 関口北高架橋 2
工事件名 圏央道 関口北高架橋
会社名 三井住友建設(株)
発注者名 中日本高速道路(株)
発注者名詳細 東京支社
施工都道府県名 神奈川県
施工場所名詳細 厚木市関口~厚木市山際
工期(自) H22.9
工期(至) H25.4
その他の特徴 関口高架橋(北工区)における本線橋は、首都圏中央連絡自動車道海老名インターチェンジ~相模原愛川インターチェンジ間の厚木パーキングエリア付近に位置する橋長843mのPC25径間連続桁橋である。U桁断面と箱桁断面の複合橋である。また付随するランプ橋(4橋)も施工した。
本線橋はU主桁断面をU形プレキャスト桁と場所打ち床版に分け、U形プレキャスト桁を一括吊上げ架設する「U桁リフティング架設工法」を採用した。
STEP-1 柱頭部を固定支保工施工にて先行施工
STEP-2 現場内に設けた製作ヤードにおいて製作したU形プレキャスト桁を架設位置までトレーラーにより運搬
STEP-3 リフティングガーダーにてU形プレキャスト桁を架設
STEP-4 架設したU形プレキャスト桁にRC板の敷設
STEP-5 上床版に場所打ち床版を施工
橋名 関口高架橋
構造形式 連数 連続 複合 床版橋 多主版桁
橋長(m) 843.0
施工長(m) 843.0
最大スパン(m) 47.5
架設工法 U桁リフティング架設工法
備考 内外併用ケーブル
橋名 Aランプ1橋
構造形式 3径間 連続 床版橋 2主版桁
橋長(m) 74.2
施工長(m) 74.2
最大スパン(m) 28.9
架設工法 固定支保工
橋名 Aランプ2橋
構造形式 4径間 連続 床版橋 2主版桁
橋長(m) 126.8
施工長(m) 126.8
最大スパン(m) 35
架設工法 固定支保工

▲ページトップへ