ホーム > 一般向け情報 > 作品集 > 橋梁 > 門型

作品集 橋梁

 年度:  架設工法:
 発注者名:
 工事件名検索: 

門型

高尾野川橋 1 高尾野川橋 2
工事件名 高尾野川橋
会社名 川田建設(株)
発注者名 国土交通省
発注者名詳細 九州地方整備局 鹿児島国道事務所
施工都道府県名 鹿児島県
施工場所名詳細 出水市高尾野町上水流~唐笠木地内
工期(自) H27.11
工期(至) H29.1
その他の特徴 本橋は南九州西回り自動車道(出水阿久根)道路のPC4径間連結ポストテンション方式T桁である。1径間目(A1-P1)は桁長がそれぞれ違い、架設の際は大型のクレーンと門構による併用架設を行った。2径間目以降は、通常の架設桁と門構により主桁架設を行った。また、1径間目においては、市道唐笠木西水流線を跨ぐため、主桁架設時は、市道を全面通行止めにし架設を行い、道路上の足場は全面防護とし第三者の安全確保に努めた。日本一のツルの渡来地での施工であったことから、低騒音・低振動機材の使用、高尾野川への資機材の飛散防止による環境保全に努めた。
構造形式 4径間 連結 T桁
橋長(m) 107
施工長(m) 107
最大スパン(m) 27.4
架設工法 門型

▲ページトップへ