ホーム > 一般向け情報 > 作品集 > 橋梁 > 片持(場所打)

作品集 橋梁

 年度:  架設工法:
 発注者名:
 工事件名検索: 

片持(場所打)

鏡洲川橋 1 鏡洲川橋 2
工事件名 鏡洲川橋
会社名 (株)富士ピー・エス
JV構成(社名) 前田建設工業(株)
発注者名 国土交通省
発注者名詳細 宮崎河川国道事務所
施工都道府県名 宮崎県
施工場所名詳細 宮崎県宮崎市大字鏡洲地内
工期(自) H27.1
工期(至) H29.5
その他の特徴 本橋の特徴としては、最大支間が97.0mの張出架設工法であることおよび14mと長い側径間を杭式固定支保工にて先行施工したことの2点が挙げられる。また、施工中は定期的に地元住民とのコミュニケーションに努め、地元イベントへの参加等、地域貢献活動を行った.。その結果、無事に工事を完了し、完了後には地縁団体「鏡洲振興会」より感謝状を授与された。
構造形式 4径間 連続 ラーメン 箱桁
橋長(m) 337
施工長(m) 337
最大スパン(m) 97
架設工法 片持(場所打)

▲ページトップへ