ホーム > 一般向け情報 > 作品集 > 橋梁 > 片持(場所打)

作品集 橋梁

 年度:  架設工法:
 発注者名:
 工事件名検索: 

片持(場所打)

道道川西芽室音更線中島橋架替(上部工)防B改良工事 1 道道川西芽室音更線中島橋架替(上部工)防B改良工事 2
工事件名 道道川西芽室音更線中島橋架替(上部工)防B改良工事
会社名 清水建設(株)
JV構成(社名) 清水建設(株)・岩倉建設(株)
発注者名 北海道
発注者名詳細 北海道 十勝総合振興局 帯広建設管理部
施工都道府県名 北海道
施工場所名詳細 北海道帯広市
工期(自) H29.10
工期(至) R1.10
その他の特徴 中島橋は、橋長499.1m,最大支間長130m,総幅員12.0mの5径間連続PC箱桁橋である。本橋は十勝川を渡河する橋梁であるため、十勝川を瀬替えして施工ヤードを確保するとともに、出水期に支保工を残置しない等の対応を行った。架設位置である北海道帯広市は,12月から3月までの4か月間,月平均気温が氷点下に達する極寒冷地であるため、冬期間は採光パネルを用いた寒中養生囲いの設置とジェットヒータ等での採暖により、通年施工を行った。
構造形式 5径間 連続 箱桁
橋長(m) 499.1
施工長(m) 499.1
最大スパン(m) 130
架設工法 片持(場所打)

▲ページトップへ