ホーム > 一般向け情報 > 作品集 > 橋梁 > 片持(場所打)

作品集 橋梁

 年度:  架設工法:
 発注者名:
 工事件名検索: 

片持(場所打)

新富良野大橋A橋上部工事 1 新富良野大橋A橋上部工事 2
工事件名 新富良野大橋A橋上部工事
会社名 (株)大林組
発注者名 国土交通省
発注者名詳細 北海道開発局 旭川開発建設部
施工都道府県名 北海道
施工場所名詳細 北海道 富良野市 清水山
工期(自) H29.10
工期(至) R2.2
その他の特徴  冬季最低気温が-28℃まで低下し、年間累計降雪量が7mに達する環境下で張出し施工を実施しました。また、施工範囲の大部分が河川敷地内に位置したため、大雨時は一部の施工ヤードが冠水しました。このような厳しい現場条件に対して、積極的に創意工夫を行うことで品質確保と生産性向上を両立させ、不具合を発生させることなく完成することができました。創意工夫の事例として、コンクリートの養生温度管理や初期強度管理でのICTの活用、傾斜計を用いた橋面・型枠自動計測技術の開発と適用、中央閉合でのワーゲンの使用と2箇所同時施工、放電破砕工法による仮支承の撤去などを実施しました。
橋名 新富良野大橋(仮称)
構造形式 8径間 連続 変断面 箱桁
橋長(m) 619
施工長(m) 348
最大スパン(m) 80.5
架設工法 片持(場所打)

▲ページトップへ