ホーム > 一般向け情報 > 作品集 > 橋梁 > 片持(場所打)

作品集 橋梁

 年度:  架設工法:
 発注者名:
 工事件名検索: 

片持(場所打)

安楽川橋 1 安楽川橋 2
工事件名 安楽川橋
会社名 三井住友建設(株)
発注者名 中日本高速道路(株)
発注者名詳細 名古屋支社
施工都道府県名 三重県
施工場所名詳細 三重県亀山市安坂山町
工期(自) H24.4
工期(至) R1.10
その他の特徴  7径間部の箱桁断面は2室構造で、主桁重量の軽量化を目的に、下床版幅を絞った斜めウェブ構造を採用している。架設は、Rap-Con工法により施工した。
 3径間部は、幅員最大37.3mの4室構造で、3径間部全長にわたって幅員変化している。架設は、5主トラスの超大型架設作業車で施工しており、架設条件により、「拡幅型架設作業車」、「超低床架設作業車」など特殊な架設作業車を使用した。
構造形式 7径間 連続 ラーメン 波形ウェブ 箱桁
橋長(m) 744
施工長(m) 744
最大スパン(m) 126.5
架設工法 片持(場所打)
備考 Rap Con/RW工法
構造形式 3径間 連続 波形ウェブ 箱桁
橋長(m) 201.5
施工長(m) 201.5
最大スパン(m) 104.5
架設工法 片持(場所打)
備考2 リブ付

▲ページトップへ