ホーム > 一般向け情報 > 作品集 > 橋梁 > 片持(場所打)

作品集 橋梁

 年度:  架設工法:
 発注者名:
 工事件名検索: 

片持(場所打)

付替県道7号橋 1 付替県道7号橋 2
工事件名 付替県道7号橋
会社名 極東興和(株)
発注者名 国土交通省
発注者名詳細 近畿地方整備局
施工都道府県名 福井県
施工場所名詳細 今立郡池田町小畑地先
工期(自) H31.2
工期(至) R2.12
その他の特徴 日本最大規模(ダム高、堤体積、洪水調節容量)の流水型ダムである足羽川ダム(福井県今立郡池田町)の建設に伴い水没する県道の高架橋化の工事です。
地上から約50ḿと高い位置での架橋工事であることから、片持ち式張出架設工法が採用されています。
工事用道路との離隔が小さなことから、片側は低床ワーゲンを採用しています。
また、施工場所は豪雪地帯でもあることから、作業場内の防寒対策を実施して品質と工程を確保しました。
橋名 付替県道7号橋
構造形式 2径間 連続 ラーメン 箱桁
橋長(m) 117
施工長(m) 117
最大スパン(m) 60.7
架設工法 片持(場所打)

▲ページトップへ