ホーム > 一般向け情報 > 作品集 > 橋梁 > 片持(ブロック)

作品集 橋梁

 年度:  架設工法:
 発注者名:
 工事件名検索: 

片持(ブロック)

武庫川橋 1
工事件名 武庫川橋
会社名 三井住友建設(株)
JV構成(社名) 単独
発注者名 西日本高速道路(株)
発注者名詳細 関西支社
施工都道府県名 兵庫県
施工場所名詳細 神戸市北区道場町生野字飛瀬~ウエ山
工期(自) H23.4
工期(至) H29.2
その他の特徴 本工事は武庫川及び県道を跨ぐ上下部一体の橋梁建設工事である。下部はハーフプレキャスト部材を使用したスパー工法による省力化施工の高橋脚工事である。上部は軽量化及び施工の省力化を図るためバタフライウェブ箱桁構造にエクストラドーズド構造を組み合わせた世界初の構造形式を採用した張出架設工法による上下線一体の広幅員工事である。
また、柱頭部では省力化施工及び支保工軽減のためハーフプレキャスト部材を使用。寸法制限のある主塔には1枚鋼板を用いた複合構造を採用する等の新技術を採用している。
橋名 武庫川橋
構造形式 5径間 連続 ラーメン PRC エクストラドーズド橋 箱桁
橋長(m) 442
施工長(m) 442
最大スパン(m) 100
架設工法 片持(ブロック)
備考 リブ付
備考2 内外併用ケーブル

▲ページトップへ