ホーム > 協会の活動 > 技術講習会 > PC橋の施工技術と維持保全に対する実務講習会

技術講習会

PC橋の施工技術と維持保全に対する実務講習会

開催日 令和3年3月19日(金) 13:00~17:00
会場 福井県中小企業産業大学校 特別教室(1階)
主催 (一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会 北陸支部
共催 (公財)福井県建設技術公社
プログラム PC橋の施工技術と維持保全に対する実務講習会
参加者:福井県職員、コンサルタント、建設会社 31名
事務局、講師 7名

講習概要

タイトル 発表者氏名 講習内容概要
開会挨拶・主旨説明 北陸支部 支部長
 宮﨑 優
・PC建協の紹介
・講習会の主旨説明
第1部 わかりやすいPC橋の施工技術について 技術積算部会 部会長
  板谷 城宏
・PCの概論、架設技術
・PC構造物の生産性向上技術について
第2部 PC構造物の施工について
 ① 道路橋と新幹線橋の下部工一体構造の新九頭竜橋(仮称)の施工
施工安全部会 委員
  柳沢 義貴
・工事概要
・施工上の課題に対する対策(WG部材仮置き、柱頭部支保工の施工など)
 ② 高速道路における維持保全および更新工事事例 技術担当幹事
  宮川 将弘
・名神高速道路における外ケーブル補強工事
・更新床版工事(北陸自動車道)
第3部 PC構造物の維持保全について
 第1章 PC構造物の維持保全の基本
 第2章 PC構造物の維持保全計画
技術担当幹事
  宮川 将弘
・予防保全の重要性、
 耐久性に関する事例紹介
・PC技術の変遷、長寿命化の方策
 第3章 PC構造物の診断
 第4章 対策事例
技術積算部会 副部会長
 菅原 外士男
・点検調査、評価、対策の要否判定
・補修補強の対策事例

▲ページトップへ