ホーム > 協会の活動 > 技術講習会 > 第3回「わかりやすいPC橋の施工技術研究会」

技術講習会

第3回「わかりやすいPC橋の施工技術研究会」

開催日 平成29年11月10日(金)    平成29年11月17日(金)
会場 新潟会場:新潟県自治会館   金沢会場:石川県地場産業振興センター
主催 PC建協北陸支部
プログラム 第3回「わかりやすいPC橋の施工技術研究会」
新潟会場:北陸地整、新潟県、新潟市職員 計17名
金沢会場:北陸地整、石川県、富山県、市町村職員 19名

講習概要

タイトル 発表者氏名 講習内容概要
開会挨拶

支部長 宮﨑 優

・PC建協に関する市場動向
・協会支部の活動報告
PC橋の概論、架設技術について 配布資料のみ ・PCの概論
・PC橋の分類(構造形式、
断面形状、架設工法)と特徴
PC構造物の生産性向上技術について 新潟:斉藤亮一
金沢:小林和弘
・プレキャスト技術の活用
・ICT技術のPC構造物の建設への活用
・ICT技術の維持管理・更新への活用
近隣現場からの報告
・新設橋梁
「歌高架橋(第3工区)上部工事」
・RC床版からPC床版への取替工事
「早月川橋床版更新工事」
実際の橋梁の
ケーススタディディスカッション
新潟:尾高一人
金沢:木村良輔
新潟:山本武生
金沢:荒田久和
コーディネータ 武田祐二
パネラー
建コン(新潟):渡辺敦、鷹西輝
建コン(金沢):近藤治、浦修造
P建:小林和弘、柳原英克
それぞれの橋梁の
工事概要、工事工程、施工状況
施工上の工夫点等

舗装・床版の上下面の損傷状況
写真を見て、建コン協会員、PC
建協委員が点検、診断、補修、
保全等について意見を述べる。
会場の施主からも意見を聞き、
3者の見解を理解する。


新潟会場


金沢会場

▲ページトップへ