ホーム > 協会の活動 > 技術講習会 > 第2回「わかりやすいPC橋の施工技術研究会」 新潟会場

技術講習会

第2回「わかりやすいPC橋の施工技術研究会」 新潟会場

開催日 平成28年11月25日
会場 新潟ラマダホテル
主催 主催 PC建協北陸支部
共催 後援 北陸地方整備局
内容 第2回「わかりやすいPC橋の施工技術研究会」 新潟会場
北陸地方整備局 新潟県職員、新潟市職員 計22名

講習概要

タイトル 発表者氏名 講習内容概要
PC建協の活動報告および市場動向 北陸支部
支部長 有馬浩史
・PC建協に関連する市場動向
・協会支部の活動報告
PC橋梁の概論および橋種 北陸支部 技術積算部会
委員 斉藤亮一
・PC構造の基本的な考え方
・PC橋の選定について
PC橋の長寿命化における課題と
最新技術
北陸支部 技術積算部会
部会長 柳原英克
・PC橋の保全の基礎
・保全に関する最新技術について
近隣現場から報告
国道49号姥ヶ山IC本線橋
北陸支部 施工安全部会
委員 寺尾政敏
・本橋梁工事についての概要
・施工上の工夫点
実際のPC橋のケーススタディー
デスカッション
コーディネーター:
北陸支部 副部会長 武田祐二
パネラー:
建設コンサルタンツ協会:
大竹滋、南雲浩
PC建協:
斉藤亮一、柳原英克
1枚の写真(今回は保全)を見て、 コンサルタンツ協会員、PC建協委員が点検、診断、修繕施工、保全のための新規施工、などについて、通常業務同様の意見交換を行う。
また、道路管理者として意見を基に、3者の見解を理解する。

▲ページトップへ