ホーム > 技術情報 > 建築情報 > PC建築の特徴

建築情報 PC建築の特徴

大スパン

大スパン

  • 使用限界状態においてコンクリートの全断面に圧縮圧力が作用、すなわち全断面有効ですから、部材断面を小さくでき重量も軽減でき大スパンが可能となります。
  • 高強度のコンクリートおよび高強度鋼材を有効に利用できます。
高品質(特に工場生産(PCa)の場合)・高耐久

高品質(特に工場生産(PCa)の場合)・高耐久

  • ひび割れ耐久を高め、常時荷重下ではひび割れの発生を防ぎ、耐久生を高める。たわみも小さくできます。
  • 復元性に優れています。超過荷重によってひび割れが生じてもその荷重がなくなればひび割れは閉じ、たわみも回復します。
  • 高品質のコンクリートを使用しており対中性化に優れています。
  • 厳しい品質管理の工場でプレキャスト部材として製造することもでき、精度と信頼性の高い構造が可能となります。
デザインの自由度

デザインの自由度

  • 大スパンを採用することにより空間を自由に構成する事ができます。
  • 工場でプレキャスト部材として製造することもでき、現場打ちコンクリートでは表現できない曲面が可能になります。
  • 同様に、高品質な部材の仕上げ面を綺麗な打ち放し仕上げとして利用できます。
PCa化による工期短縮

PCa化による工期短縮

  • 主要部材を工場で生産し現場作業量を大幅に少なくでき工程も短縮できます。
  • タイルの先貼り工法や、無足場工法により工事のシステム化が図れ、工程の短縮が可能です。
環境に優しいPCaPC(プレキャスト・コンクリート)

環境に優しいPCaPC(プレキャスト・コンクリート)

■省資源、廃材の減量化

  • 高耐久のPCaPC建築は100年建物です。ライフサイクルコストを大幅に低減します。
  • 一つの鋼製型枠を繰り返し使用して生産しますので、合板型枠は使用せず、鋼製型枠は資源として再利用されます。
  • 発生するゴミの量は在来工法の56%に減少します。

■工事公害の低減

  • 現場作業の省力化による工事騒音の低減
  • 部材を工場製作することにより生コンミキサー車による大気汚染の低減(コンクリート1万m3使用の場合在来工法の16%)

▲ページトップへ