ホーム > PC 建協紹介 > 協会の理念

協会の理念

秩序ある国土の開発と、公共の福祉を目指します。

わが国のプレストレストコンクリート(PC)技術は、1952年の事業化以来、種々のコンクリート構造物に採用され、世界的にも高い評価を確立しております。 1955年、専業者によりPC工業協会として発足した当協会は、その後一般建設業者の参加も得て、 現在会員数32社と、わが国におけるPC工事のほとんどを手がけている業者の団体にまで発展しております。
PC建設業界の健全な進歩と発展を図り、それをもって社会インフラの整備拡充および人々の生活を豊かにする開発を究極的目標として、 調査・研究と技術の普及に研鑽を積み重ねております。

目 的

本会は、プレストレスト・コンクリート技術の向上及びプレストレスト・コンクリート建設業の健全な進歩発展を図り、持続型社会の基盤整備に貢献し、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。

事 業

  1. プレストレスト・コンクリート技術の進歩改善に関する調査研究及びその促進
  2. プレストレスト・コンクリート技術及びその活用に関する資料の収集、編集及び刊行
  3. プレストレスト・コンクリート技術の活用に関する啓発宣伝及び技術者の育成
  4. プレストレスト・コンクリート技術の活用に関する助言及び指導
  5. プレストレスト・コンクリート技術及びその活用に関し、政府機関、公共団体等に対する建議及び意見の具申
  6. 関係団体との連絡協調
  7. その他本会の目的を達成するために必要な事項